KYOKO SEKINE - HOTEL JOURNALIST

2012/10/14 | OTHERS

幸せな靴との出逢い

大人になってから、何十年もの間に何足の靴を買って履いていただろう。
有名ブランドも、スポーツ系も、高いのも安いのもいろいろ履いたけれど、
やっと、やっと「幸せな靴」に出会ったのでした!!
‘安全靴’みたい・・・という声も聞こえるけれど、安全靴でもいい。
ストレスフリーの靴ってなかなか見つかり難いでしょ?
去年初めて出会って黒を買い、今は修理で入院中。
改めて同じデザインの赤を購入したのです!
最初から痛みも無し、あたる部分も無し、マメもできず、
外反母趾なんてなりっこない(もう遅いけれど)。
スペイン製の有り難い靴です。

2012/09/16 | OTHERS

動物大好き シリーズ ~No.1~

  

左:タイのアユタアヤで見つけた子猫。細いけれど、食事はもらっている幸運な子猫でした。
中央:このままの姿でずっと、ずっと動かない。考え事? それとも・・・?? アユタヤの野良猫仲間。
右:アユタヤの寺で暮らしている猫。みんな哲学的な顔だった!

仕事であちこち飛び回ることの多い私は、あちこちでペットや野生動物、
時には、アフリカなどでの猛獣にも遭遇することがあります。

私が愛してやまないのは、「猫科」の動物。
特に、私の中で私最高峰に君臨するのは「チータ」です。

ま、家で飼うこともできないからもっぱら映像や写真で見てますが、
ここでシリーズ初回は、私のカメラで撮った可愛い動物を幾つかご紹介。
皆様、喜んで下さるでしょうか?

この動物シリーズは、不定期ですがシリーズ化します、どうぞお楽しみに!!

 
Series "I Love Animals" ~No.1~

Because I travel around everywhere for work, here and there I come across pets, wild animals, and at times even beasts in places like Africa.

I am especially a huge fan of the animals of the "cat family".
Amongst them, my absolute all time reigning favorite are the "Cheetahs"

Well, I will never get to have them as pets, so the closest I ever get is watching them on screen or in photos, but in this series, I will introduce adorable animals that I shot with my camera.

I wonder if everyone will enjoy them?

Although it will not be periodical, this will be the animal series.
I hope you enjoy it!

2012/08/13 | OTHERS

誰か教えて! 船に酔わない方法を・・・。

飛行機や電車、車にも殆ど酔わない私ですが、船となると、大違い。
それほどひどい船酔いタイプではないはずなのに、
実は、今回の香港-マカオ間のフェリー1時間の船上で、
「うねり」による船酔いをしました。
気持ち悪くなって、「後10分も乗ったら駄目かも・・・」という
ギリギリの時点で到着しホットしたのです。
フィリピン沖に台風がいて海がうねっていた・・・とはいえです。

以前、モルディブに行ったときのこと。
風が強く、良い天気なのに激しい波がたっていたのです。
たった20分間、リゾート専用の豪華プライベートクルーザーで
リゾート島に渡るのに、余りの激しい波に10分も経たずに船酔い。
トイレに入って、便器を抱えたままリゾートに着きました。
船中ではハネムーナーの二人も酔ってしまったようで、
私がトイレから出ないので流しで吐いていたと、スタッフ。
なんてこった・・・船旅。

また、昨年の超大型客船の豪華クルーズでは
ロサンゼルスからメキシコのロスカボスまで行きました。
超豪華な大型船ですから、プール、スパ、美容室、数々のレストラン、
シアター、バーなどのある豪華な空間です。
ベッドルームのキャビンもシャワー付き、テラス付きの
ダブルベッド・ルームでした。
船上では往復で8日間を過ごすのですが、波のない静かな海なのに、
なんと太平洋の大きな‘うねり’にやられました。
フワ~ン、フワ~ンとうねり、まっすぐ歩くのも大変。
用ほどではないのですが、私はずっと気分が悪く、
夜もうねりで起きてしまうほどでした。
毎日、同行のカメラマンから「顔色、悪いですね」と。

これからは、リバークルーズ専門になろうと思います!

 
Please Advice!
Is There a Way to Avoid Seasickness?

I almost never get motion sickness from planes, trains or cars, but ships are a whole different story. Although, I usually don’t have severe seasickness, but the one-hour ferry ride from Hong Kong to Macau got me ill with the “rolling” of the waves. At the breaking point where I thought, “Ten more minutes of this and I’m not going to make it… ” I was relieved to be on land.

There was a Typhoon off from the coast of Philippine and the water was a bit choppy… but still.

Once, when I went to Maldives, although the weather was clear, the wind was strong and the waves were hard. In the mere twenty-minuet ride on the resort’s private cruiser taking the guests to the resort island, I was in the toilet after ten minutes, hugging the bowl and arrived in that style. The staff told me that, because I was occupying the bathroom, the honeymooners onboard, who also fell ill, had to use the sink! Oh boy… travel by sea.

Last year, I went on a cruise from Los Angeles to Los Cabos in Mexico on a luxury liner. This is a huge ship, gorgeously equipped with a pool, spa, hair salon, several restaurants, theater, a bar, and more. My cabin was a double bedroom with a shower and a porch.

The cruise consists of eighy days total on the ship, and despite its travel on a quiet calm Pacific Ocean, the “rolling” got to me.

The constant floating up and down rolling made even walking straight a challenge. I wasn’t at a point of motion sickness, but wasn’t quite feeling right, and couldn’t stay asleep from the constant rolling. Every morning, the cameraman traveling with me greeted with a “oh, you are looking pale.”

I’m sure, I will stick to river cruises from now on.

2012/07/27 | OTHERS

進化し続ける機内サービス
「ガルーダ・インドネシア航空」

 

photo by Garuda Indonesia Airlines

飛行機に乗ると、個人的に最も気になるのが
CA達のモチベーションです。
次は座席の通路側か窓側の選択、そして食事・・・。

でも実は、最近とても気に入っている機内サービスが
ガルーダ・インドネシア航空で提供されている
「機内入国審査プログラム」なのです。
「到着ビザ・機内取得プログラム」とも言うこのサービスは
2004年以来、観光目的にも必要となった到着ヴィザを、
機内に乗り込んでいる税関の係官によって
その場で発給されるシステムであり、
事前に面倒な手続きをしに大使館へ行ったり、
旅行会社に取得の代行を頼んだりする必要がありません。

成田発GA881とGA885、大阪発GA883に乗れば、
そのサービスが受けられます。
空港到着後にも長い列に並ばずに済みますし、
専用ゲートを通り、いち早くバゲージ受け取り場に行ける、
画期的なサービスです。

ガルーダ・インドネシア航空は、今年で就航50周年。
今年は羽田線も就航を開始し、
バリ島へもジャカルタへも
より選択肢が増えて行きやすくなりました。
 

The Ever Evolving In-flight Service
"Garuda-Indonesia Air Lines"

Personally, the thing that I am most concerned about when I board an airplane is how motivated the cabin crews are. Then there is the selection of either the aisle or the window sear, and the meals…

But truthfully, my most recent favorite in-flight service is the Garuda-Indonesia’s"In-flight Immigration Clearance Program". This service, also known as the "Immigration on Board"allow passengers to apply and acquire arrival visas, required for tourist since 2004, from an immigration officer on board, which eliminates the hassle of going to the embassy or having a travel agency to arrange it prior to the trip.

This service is available on flights from Narita GA881 and GA885, and GA883 from Osaka. You can skip the long line in immigration and go straight from the gate to the baggage claim..

Garuda Indonesia celebrated its 50thyear anniversary this year.
Bali and Jakarta flights now departing from not only Narita but also from Haneda, are making visits much easier.

2012/06/10 | OTHERS

凄い進化ですよねぇ、回転寿司。

photo by Sushi-no-suke

回転寿司って、昔は安いだけのことはあったけれど、
今の回転寿司はホントに凄いと思います。
最近、友人の友人がまたまた新店舗を開店したというので、
そのお祝いを兼ねて“ただ食い”にありつきました。
驚くこと無かれ、その新鮮さやネタの良さ、酢飯の
美味しさには脱帽・・・でした!

名前は「回転寿司 すし之助
という町田店でしたが、進化してますね、回転寿司。
こだわりは“こぼれ寿司”と謳うこぼれるほどのネタです。
さすがに一皿100円などと安い料金が売りではありませんが、
ネタの上質さも、清潔さも一流でしたよ!

日本の食文化って、やっぱり、世界一だと思うなぁ。
今なら絶対世界に受け入れられる、世界進出も夢じゃない!
近かったら毎日食べに行くのに・・・。

 
It is amazing, evolution of the Revolving Sushi !

Revolving Sushi (self-serve sushi served on a revolving conveyer belt) has come a long way since the time when the only advantage was the price.

A friend of my friend recently opened a revolving sushi restaurant and I was invited there to celebrate its opening. With fresh sushi toppings and the perfectly seasoned sushi rice, this restaurant was absolutely beyond expectations !

This new species of sushi evolution was the Machida branch of Revolving Sushi Sushi-no-suke Their signature dish, ‘sushi overflow’ has toppings literally overflowing from the rice. The quality of the sushi and the top class cleanliness sets this place aside, not from the popular price like 100 yen but with reasonable price per dish variety of establishments.

I think the Japanese culinary culture is one of the best in the world.

2012/04/01 | OTHERS

ブログの始まりに寄せて

photo by W Koh Samui Retreat

こんにちは!

ブログなんて一生私には縁がないものと思っていましたが、
多くの人に背中を押され、ハイセンスなクリエイターたちに出会い、
そして彼らの助けを借りて何とかスタートできることになりました。

ハワイのラナイ島から戻って間もなく、
今、4月1日をタイのサムイ島で迎えています。

海外取材や国内取材で、行ったり来たりの旅人生ですが、
そんな日常の中から、いただいている連載記事やコラムに
書かせていただく記事とは違う、プライベートな部分で感じたこと、
こぼれた話、ホテルの感動秘話、時には怒りの話など、
独り言のように綴っていければ…と考えています。

それを読んでくださり、さらに面白がってくださるならば、
私は充分に満足、幸せなことです!

ホテルジャーナリスト
せきねきょうこ
2012年4月1日
 

Hello!

I never thought blogging was something for me, but I was able to embark with gentle nudges from friends, and with help from creative talents I’ve met.

I’ve just returned from the island of Lanai in Hawaii, and now beginning my April in Samui, Thailand.

My life is an unending journey of reporting across Japan and around the world, and I would like to share with you a side of my daily life that do not make it to my columns and articles. I’m hoping that this blog will be a glimpse of my private thoughts, out-take stories, unforgettable hotel stories, and even a bit on matters that anger me.

I would be delighted and more than satisfied if you are entertained by reading my stories.

Hotel Journalist
Kyoko Sekine
April 1, 2012

>