KYOKO SEKINE - HOTEL JOURNALIST

2013/02/20 | TRAVEL to HOTELS

~新しい箱根の旅館へ~

 

 

2012年12月、箱根にまたまた新しい旅館が誕生しました。
「界 箱根」という星野リゾートの温泉旅館
「界」ブランドの最新旅館です。
http://kai-hakone.jp/

箱根の玄関口である湯本温泉にあり、目の前には湯坂山が聳え、
眼下には清流 須雲川が流れています。
箱根らしい山懐に、静かに佇む宿でした。

2013年1月18日〜19日

 
New Ryokan in Hakone

On December 2012, we saw another new ryokan was born in Hakone.
It’s KAI Hakone by Hoshino Resort. That is a ryokan that boasts hot springs.
The traditional Japanese inn is the latest of KAI brand.
http://kai-hakone.jp/

It’s located in Yumoto Hot Spring that is the gateway of Hakone,
and Mt.Yusaka sits in front of the ryokan.
Also you can see the clear waters of the Sukumo River below.
The mountains that are what we call Hakone embrace the ryokan calmly.

18th to 19th January 2013

2013/02/02 | TRAVEL to HOTELS

〜始めての体験でした〜

佐賀県の秘境、古湯温泉「ONCRI/おんくり」でのことです。
http://www.oncri.com/
今までずっと試したいと思っていた「天然砂蒸し風呂」に
生まれて初めて入りました。
「砂」はただの砂はでなく、マイナスイオンや遠赤外線効果のある
トルマリンや、麦飯石などが使われているなんて、知らなかった!

さらに長い時間入るのかと思ったら、平均15~20分だそう。
けっこう熱い温泉が下を通り砂を温めていることで、
長く入りすぎるとフラフラになる可能性有り。
新陳代謝を良くし、血行促進、細胞の活性化も効果有り。
昔の人はよく考えたものですよね。

2012年12月18日~20日

 
My First Experience Ever

It was when I visited ONCRI in Furuyu Hot Spring hidden from the central part of Saga Prefecture. http://www.oncri.com/
For the first time I took a “Natural Sand Steam Bath” I had been really eager to try.

I never knew that the “sand” was not the common sand but are contained tourmaline and heal stone that are said to have negative ion and a far infrared effect !
I heard that the average hour of use is 15-20 minutes though I thought we should use much longer.

The hot sand was heated by the very hot spring flowing under the sand that if you took too much you would feel dizzy.
The bath would increase metabolism and blood circulation and also lead activation of cell.
Ancient wisdom remains useful even today.

18th to 20th December 2012

2013/01/07 | TRAVEL to HOTELS

7年ぶりのスリランカ、コロンボからゴールへ。

スリランカ行きは3度目でしたが、最後に訪れてから
すでに7年以上が過ぎていました。

まず降り立ったコロンボは、経済発展が進み
賑わい活力のある空気が伝わってきます。
1泊後、アマンリゾーツの「アマンガラ」から
「アマンウェラ」を目指すためにコロンボを出発。
以前は国内線でゴールまで飛んでいましたが、
今回は、日本のゼネコンが作ったという高速道路が
丁度開通したばかりということで、
迎えを頼んだ「アマンガラ」の車でゴールフォートを目指しました。
看板も道の様子も、日本の高速道路にそっくりでした。

3時間弱で、世界遺産の町ゴールフォートに到着。
「アマンガラ」は変わらずに美しく、
コロニアル建築の白亜の姿のままに佇んでいました。
これほど美しいホテルは、世界広しといえどそうそうありません。

2012年11月22日~29日

 
Sri Lanka for the First Time in 7 Years,
from Colombo to Galle

It was the third visit to Sri Lanka for me and more than seven years had already passed from the last stay.

I initially landed in Colombo that is growing rapidly and has vibrant atmosphere.

After overnight stay at Colombo, I was heading for Amanresorts’ Amangalla and Amanwella.
In the past I flew to Galle by air from Colombo.
But this time Amangalla’s limousine took me to Galle Fort by the high way that was reportedly built by a Japanese general contractor. The recently opened high way looks like ones in Japan as well as the traffic signs.

In less than 3 hours, the car got to Galle Fort, the town of the World Heritage site.

Amangalla had remained beautiful and stood as a chalky colonial-style architecture.
I have never seen such a magnificent hotel in the world.

22nd to 29th November 2012

2013/01/07 | TRAVEL to HOTELS

〜ひと晩で真っ白なワイナリィと化し〜

2012年の末、上越新幹線が雪のために送電線が切れて
動かなくなった日がありました。
その日、悪夢のような経験をしたのです。

行きは東京駅から新潟駅まで直行新幹線で1時間40分、
澄みきった空の下で「カーブドッチ」を目指したのです。
http://www.vinespa.jp/
ワイナリィと温泉と、アヴェダのスパサロンがある贅沢なリゾートです。

午後になって突風が吹き始め、かつて経験したことの無い
強風と、おかしな天気に不安を感じていました。
夜は余りの強風に停電、暖房も切れて宿泊施設は真冬の寒さの中に。
電気が戻ったのは深夜2時頃のことでした。

翌朝、深閑とした空気にカーテンを空けると、なんと、
やっぱり雪。しかも30センチ以上も積もり、
一面は白銀の景色と化していました。

夕方4時頃の帰京予定を切り上げ、朝一番で新潟駅まで
送ってもらったのですが、上越線は停電で全線不通。
それでもホームにいた新幹線に乗り込み、走るともわからない
満員列車で立ったまま4時間、170%乗車の列車は
昼過ぎに動き始めたのですが・・・途中で又止まりました。

翌日から海外出張が決まっており、なんとしてでも
東京に戻らないと行けなかった私は、いろんな列車を乗り継ぎ
9時間半かけて東京になんとか辿り着きました。
「行きはよいよい、帰りは…」とはこのことです。

2012年12月某日

 
Turned into White Winery over One Night
This is the story that it’s like” Sweet meat will have sour sauce”.

A day at the end of 2012, Joetsu Shinkansen for Niigata(One of the super express train) was out of service by outage due to the snowing.
It was a nightmare day for me.

I was heading for[ Cave d’Occi] under a clear sky taking Joestu Shinkansen from Tokyo to Niigata just 1h 40m in.(http://www.vinespa.jp/)
Cave d’Occi is a luxury winery resort that has some hot springs and the Aveda Spa salon.

In the afternoon, a sudden gust of wind came and I was anxious about the storm I had never experienced and odd weather.
Then in the night so heavy storm knocked out power and the heater was turned off and it left me in the cruel cold. It was around 2AM midnight that power restored

In the next morning I found it was snowing when I opened the curtain feeling the chilly air. It was a snowy world over 30cm fall of snow.

I was taken to the Niigata station in the early morning after changing the plan to take train at 4PM.But the Joetsu Shinkansen was already out of service due to the outage. I managed to ride the Shinkansen stopped at the platform. Standing even for 4 hours in this Shinkansen packed full to wait for the departure, this train pulled out finally in early afternoon, but halted often along the way.

As my overseas trip was scheduled from the next day, I came back to Tokyo after 9 and half hours.

Certain day December 2012

2012/11/10 | TRAVEL to HOTELS

「秋の収穫祭」に紅葉の野尻湖へ

 

長野県の黒姫駅から車で20分余り、神秘的な野尻湖畔に佇むリゾート、
「野尻湖ホテル エルボスコ」へ行ってきました。

途中の森は、すべてを色づかせてしまうほどの赤や黄色の紅葉の盛り、
鮮やかな自然の色にただただ感動の嵐でした。
気候温暖化の性で、2週間ほど紅葉の頂点が遅れたと言うお陰で、
この11月10日、11日はまさに、襖絵のような艶やかな山々を
眺めることができました。

そこで特別ディナーは、「秋の収穫祭」と題したジビエのディナー。
黒姫に住む冒険家、作家、環境活動家のCWニコル氏の
オリジナル・レシピのジビエ料理をエルボスコのシェフが調理。
お二人のコラボで、贅沢なディナーの時が過ぎていきました。

日本の四季はほんとうに美しい・・・今更ながら自然の大切さを感じ入りました。
11月25日からは、エルボスコも長い、長い、冬の眠りに就き、
翌年、雪が溶けるころまでドアを閉ざします。
もうすぐ、野尻湖付近は冬支度に入ります。

 
"Autumn Harvest Festival" beside Lake Nojiri in the Foliage Season



I have visited Nojiri-ko Hotel EL BOSCO, the resort hotel located by the mystic Lake Nojiri. It takes about 20 minutes for the car to get there from JR Kurohime station, Nagano prefecture.

On the way to the hotel, I was really fascinated with the woods whose leaves had turned red and yellow.
The vivid expression of nature was just breathtaking.

Since it was said that the height of the fall foliage was delayed about 2 weeks than usual, because of the global warming,
 I could enjoy the view of the brilliant mountains that look like fusuma-e, paintings on Japanese sliding-door panels from November 10th to the 11th.

The hotel served the special dinner, titled “Autumn Harvest Festival” including
Gibier..

The Kurohime resident, Mr. C.W Nicol made the recipe for the Gibier Dinner of Autumn. He, who is an adventurer, author and environmentalist, sheared his original recipe with the chef of EL BOSCO. The chef cooked the dinner and the wonderful time passed by with the collaboration between Mr. Nicol and the chef.

The four seasons in Japan is truly impressive. Again the treasure in nature profoundly moved me. On November 25th El BOSCO will close for long winter and they won’t open until the snow melts in the next spring.
 Around Lake Nojiri, it starts getting ready soon for the upcoming winter.

2012/10/27 | TRAVEL to HOTELS

社会貢献に挑むホテルのポリシー

 

スタイリッシュでラグジュアリーな高級ホテルやリゾートは、贅沢な空間や最高の設備、一流のシェフによるダイニングなど、すべてに於いてまさに‘贅沢’を絵に描いたようですが、現代では、それらの組織がCSR(corporate social responsibility、企業の社会的責任)に熱心に取り組む姿も見受けられます。

今回は、バンコクにあるお洒落なデザインホテル「ザ・メトロポリタン・バンコク」での活動に焦点を当てて取材しました。2010年以来、毎年10月~12月にかけて実施されているマスターカードとの共同チャリティプログラム「MasterCard Purchase With Purpose」という地域福祉団体への支援活動があります。これはホテルの滞在客が精算時にマスターカードで料金を支払うことで、現地の福祉団体向けにマスターカードから30米ドルが寄付されるというものです。

2012年の同チャリティプログラムの活動では、注目された活動は、バンコクの「Goodwill Group Foundation」を通じて、タイ北東部の教育を受けていない女性達に英会話や手作業などの職業訓練をする為の寄付です。実際にこの場を訪れてみると、恩恵にあずかる女性達が、生き生きと目を輝かせ、英語教育や職業訓練を受ける姿を見ることができました。

私達一般の旅行者も旅先のホテルを選ぶときに、ほんの少しCSRの意識を持ち、こうした活動に参加するホテルを選び、該当するカードで支払うことで、間接的に社会貢献遺参加ができるのです。今からでも未だ間に合うこの活動は12月末まで。バンコクを旅するときは、素敵なホテルに泊まって、マスターカードで支払えば、こんな意義深い社会活動に参加したことになるのです。

 
Policy of a Hotel that Dares to Contribute to a Society

Stylish, high-end hotels and holiday resorts seem like a classic example of luxury – a place with things like rich use of space, lavish services, and delicious meals delivered by topnotch chefs. These days, it’s not rare to see the same type of corporations actively get involved in social activities.

During my recent reporting trip, I was in Bangkok, focusing mostly on a fashionable boutique hotel, “The Metropolitan Bangkok”. This hotel chain supports an initiative called “MasterCard Purchase With Purpose” held from October to December each year. Through this program, hotel guests can indirectly donate US$30 to local grassroots organizations by settling the hotel bills with a MasterCard.

The noteworthy activities benefited from this campaign in 2012 is a program by Bangkok’s “Good will Group Foundation,” which provides vocational trainings like English conversation and handcraft making to education-deprived women in Northeastern Thailand. When I visited the actual site, I could witness the participants learning the news skills livelily with shining eyes.

As we choose our hotels, we can help contribute to a society by keeping corporate social responsibility in mind, selecting a place active in social activities, and making the payment with the designated card. There is still time. The campaign goes on till the end of December. If you are traveling to Bangkok, you can stay at a nice hotel, use your MasterCard and support a meaningful social initiative.

2012/09/27 | TRAVEL to HOTELS

楽しい東北の‘祭り’一色の宵

 

「温泉も、故郷の味も、そして郷土文化や伝統も、
青森のすべてを詰めてゲストを楽しませてくれる宿」と、
パンフレットや噂では聞いていました。

そして,念願叶って訪れた青森県三沢市「星野リゾート 青森屋」でした。
旅館は想像を遙かに超えて、滞在者達を賑やかな「祭り」の世界へと引き込んでしまう
エンターテイメントの宿でした。

秋の始まりにと、涼しさを求めて旅に出た9月17日。青森は雲一つ無いほどの晴天でした。
そして東京と少しも変わらぬ暑い夏が終わらず、翌日には36.1℃を記録。
気象観測以来の暑さと言うではありませんか。
本来なら、林檎の収穫時期や紅葉が始まる季節なのに・・・。

東京ドーム17個分もの広さがあるという旅館の敷地には、沼や池、森や公園があり、
移築したという渋沢栄一邸も静かに佇んでいます。

旅館「星野リゾート 青森屋」では、夜になると、幾つかある食事処の中の
「お祭りショーレストラン、みちのく祭りや」で壮大な祭り風景を再現してくれるのです。

演じるのはすべて若いスタッフ達です。
「青森ねぶた」「弘前ねぷた」「八戸三大社祭、ヤマトタケル」をバックに、
太鼓、鐘、笛の演奏や踊りが披露され、その勢いも感動的です。
すっかり日常を忘れ、祭りの躍動感に酔いしれる夜のひとときでした。

楽しい宿は超満員、人が宿に求めているのは、
「日常を離れ、その土地にしかない大切な文化や伝統に親しみ、
その土地の食を満喫すること」なのだと改めて思いました。

 
An Exciting Evening of Tohoku’s "Matsuri"

"An inn that welcomes its guests with best of Aomori’s hot springs, local cuisines, traditions and culture" is what I have heard of this place from the brochures and the hype. The visit to "Hoshino Resort Aomori-ya" was an anticipated one. The Ryokan (Japanese style inn) was well beyond what I had imagined, and the stay was an entertainment that lured the guests into a word of a festive Matsuri (festival/carnival)

On September 17th, I left on an early fall trip in search for cool weather. The weather in Aomori was beautiful with not a cloud in the sky. Just as in Tokyo, the summer hasn’t ended, and the next day the temperature recorded at 36.1°C (97°F). It’s said that this was a record heat. It’s supposedly apple picking and foliage season by now….

This Ryokan sits on an estate size of 17 Tokyo Dome (that’s 150 American football fields or 74 soccer fields) and includes ponds and swamps, a forest and a park, and a relocated resident of Shibusawa Eiichi (Japanese industrialist, known as "Father of Japanese Capitalism") is quietly perched on it.

"Omatsuri Show Restaurant Michinoku-Matsuri-ya", one of the restaurants of Ryokan "Hoshino Resort Aomori-ya" reenacts a large-scale scene from traditional festivals. The cast members are the young staff of the inn.

With the backdrop of "Aomori Nebuta" "Hirosaki Neputa" (Nebuta/neputa are Aomori’s traditional large parade floats made of wood and paper) and "Hachinohe Sanja Dai-Matsuri Yamato Takeru", an energetic performance of drums gongs, flute and dance was breathtaking. With the daily life left far behind, I was completely immersed in the vibe of the festival for that evening.

This entertaining inn was fully booked, and it reminded me that the guests are seeking "to get away from everyday life, and become familiar with the culture and the traditions of the visiting area, and enjoy the local food."

2012/08/13 | TRAVEL to HOTELS

恐るべき、マカオ!

2年ぶりのマカオに行きました。
今回は2011年5月に誕生した「ギャラクシー・マカオ」を訪ねました。

マカオの発展には、正直、本当に言葉を失います。
「ギャラクシー・マカオ」には、驚く無かれ
世界最大級のスカイトップ・ウェーブ・プール(波のプール)があり、
そこにいると、波の来る本物の海辺にいる気分になるから不思議。

そしてリゾート内には5ツ星豪華ホテルが3軒、
「バンヤンツリーマカオ」「ホテルオークラマカオ」
「ギャラクシーホテル」が揃い、総客室は3軒で2200室もあるのに、
いずれも、夏休みとはいえほぼ満室でした。

凄い活気ですね~、やっぱり中国マネーの威力は強い!
さて、異国情緒溢れる‘オールドマカオ’はいずこへ・・・。

  
Astonishing Macau!

I went to Macau for the first time in two years.
This time I visited the “Galaxy Macau” which opened on May 2011. I am honestly at a loss of words when it comes to Macau’s development.

Galaxy Macau, lo and behold, has one of the world’s largest sky-top wave pool, and being there is amazingly similar to sitting on a real beach.

The resort houses three, five-star luxury hotels,
“Banyan Tree Macau” “Hotel Okura Macau” and “Galaxy Hotel”, although given that it was the summer season, despite having 2200 guest rooms in total, the resort was nearly fully booked.

That’s an amazing energy- China money certainly has a momentum!
Now, where has the exotic ‘Old Macau’ has gone?

2012/07/30 | TRAVEL to HOTELS

20周年を祝った「アマンキラ」

 

2012年7月21日、爽やかなハイシーズンを
迎えていたバリ島の東海岸にあるリゾート「アマンキラ」では
20周年を祝う祝賀行事に湧きました。
満室となったリゾートに滞在していた世界中のアマンジャンキー、
地元を始めとする世界のトップメディア、
アマンリゾーツ関係者たちが一同に交いし、
様々な歴史や逸話を積み重ねてきた20年の歴史を祝ったのです。

祝賀はアマンリゾーツらしいオープニングでした。
一人また一人と訪れるゲストを、玄関で、バリのダンスが
お出迎えをしました。

 

パーティーでは、カクテルで会話や再会を楽しんだ後、
1時間以上にわたる完全ストーリィーを演じてみせた
ケチャック・ダンスの、壮絶な踊りに誰もが息を呑むほど感動的でした。
子供から大人まで、バリ島の男達が激しく叫び踊るたましいの踊り。
その後、賓客、総支配人、主催者側の歓迎と感謝の挨拶に続き、
バリ島の郷土料理を中心にした食事が振る舞われたのです。

決して奢ることのないアマンリゾーツの
アカデミックで文化的な薫り漂うパーティーの印象です。
「アマンキラ」は、短いようで長い20年を経たリゾートながら、
どこも古びない、むしろ新しささえ感じる変わらぬもてなしの館です。

3年前に同じバリ島の「アマンダリ」が20周年を迎え、
2013年、今度はバリ島の「アマヌサ」が20周年を迎えます。
栄枯盛衰の激しい中で、常にリゾートとして人気を保ち、
素敵な20歳を迎えたと思います。

 
 
"Amankila" Celebrates its 20th Anniversary

July 21, 2012, on the east coast of Bali, in the midst of the fresh high-season, Amankila was full of festivities celebrating its 20th Anniversary. The resort was fully packed with Aman junkies from all around the world, local and global top media, and Amanresorts affiliates to celebrate the 20 years of unforgettable stories and history.

The Celebration opened with a true touch of AmanResorts .
Guests, arriving one by one, were welcomed at the door with Balinese dance. The party warmed up with cocktails, conversations and reunions, followed by over an hour of passionate Kecyak dance performance depicting a full-length story, which was stunning and took the breath away from everyone in the audience. A soulful dance of blazing calls and dance by Balinese men, from children to adults,
Afterwards, guests of honor, the general manager and the hosts of the evening expressed their welcome and gratitude, and a meal consisting mainly of authentic Balinese cuisine was served.

The party reflected the nature of Amanresorts flare of cultural and academic richness without ever being aloof.
"Amankila" a resort with seemingly short, yet vast history of 20 years, is a house of hospitality, which never grows old, if anything always has the brand new atmosphere.

Three years ago, "Amandali" also on the island of Bali, celebrated its 20th anniversary, and in 2013 "Amanusa" of Bali will celebrate its 20th. In a highly competitive environment, "Amankila" has consistently maintained its popularity, and celebrated a wonderful 20th.

2012/06/30 | TRAVEL to HOTELS

いざ、竹富島の「星のや」へ

 

ロンドンから戻った翌日、時差など無視して、
早朝からまた飛行機に乗り込み
石垣島からフェリーで竹富島へ向かいました。
どれほど待ち焦がれたことでしょう!

島内には3つの集落があり、島全体が
西表石垣国立公園に指定され、
集落の町並みは重要伝統的建造物群保存地区に制定され、
本当に昔のママの貴重な情景が残されています。

リゾートに到着して驚きました!
まるで4つめの豪華な集落ができたようです。
島の決まり事も、伝統も、環境にも配慮して
造られた「星のや 竹富島」は
「星のや」が軽井沢に種を捲き、次いで京都に芽が吹き、
ここ3軒目となる竹富島に花開いたような気がしました。

自然のままにある島の自然とともに、
オープン間もないながら、すっかり島の集落のようです。
リゾートでは、食事だって地産地消。
創作フレンチ「琉球ヌーヴェル」が新鮮素材で作られ、
八重山の薫りをテーブルに運んでくれます。

4泊した後、東京に戻った瞬間からなんだか懐かしく、
またすぐに飛んで行きたくなりました!
それに、日本にこんなリゾートが
生まれたことが誇らしいです。

 
Off to "Hoshinoya" in Taketomi Island

The day after I returned from London, and still with a jetlag, boarded yet another plane to Ishigaki Island, followed by a ferry ride to the Taketomi Island.
How I have waited for this Resort !

The entire Taketomi Island, consisting of three villages, is designated as Iriomote-Ishigaki National Park. Each of the villages has been preserved exactly in its original form as they are certified historic architectural preservation areas.

I was surprised upon my arrival at the resort. It seems like a gorgeous fourth village had appeared. "Hoshinoya Taketomi Island" was built based on the island’s traditions and rituals with consideration to the environment. "Hoshinoya" first planted its seed in Karuizawa, sprouted in Kyoto, and finally came to full bloom in their third resort, Taketomi Island.

Despite being newly opened, the resort with its natural demeanor has blended in to the island. Their Fusion French "Ryukyu Nouvelle" prepared with fresh local ingredients, bring the taste of the local Yaeyama Islands to the table.

After four nights stay, I missed Taketomi the moment I landed back in Tokyo, and was tempted to fly right back. I feel a great sense of pride that such a wonderful resort opened in Japan.

2012/06/28 | TRAVEL to HOTELS

ブルガリの新しいホテルに滞在!

photo by Bulgari Hotels & Resorts, London.

2012年5月28日、ロンドンのナイツブリッジに
ブルガリ ホテルズ & リゾーツ・ロンドン」がオープンしました。
ロンドンで高級ホテルの新築での新規オープンは40年目だそう。

そしてこの6月11日、12日、私は本当に幸運なことに、
ホテル開催の「オープニング・イベント」にご招待を受けました。
久しぶりのロンドンは女王陛下のジュビリー開催の余韻の中で
なんだか街は華やかでしたし、オリンピックを控えているせいか、
街中にはやけに観光客が多かったことも印象的でした。
そんな中、「プレステージの高いエリアに最高級ホテルの開業」でしたから、
有名女優やセレブリティも多く来館し、夢のような華やかな夜の体験でした。

1日目は世界中のジャーナリストやゲストと、ブルガリ側のホストで
着席ディナー、2日目の夜はオープニング・メインイベント
「セーブ・ザ・チルドレン」と銘打ったディナーが開催されました。
流石に2日目は多くのセレブリティが参加し、見ているだけでもドキドキ!!!
「ブルガリ」の社会貢献は伝統的であり、熱心な活動が知られています。

ホテルはもちろん最高級ランク、少しだけイタリアの薫りがします。
でもマテリアルの上質さにはことごとく驚かされましたが、
高級感を誇示することなく、エレガントに、モダンに演出されたホテルは、
ブルガリが放つ“品格”が漂っていました。

 
Staying at the Bulgari’s New Hotel!

Bulgari Hotels and Resorts London
opened on May 28th 2012, in Knightsbridge, London,
This is the newly built luxury hotel opening in London in these forty years.

On June 11th and 12th, I was one of the fortunate few to receive an invitation for the opening events hosted by the hotel. The city of London was bustling with the energy between the Queen’s jubilee and the awaiting the summer’s Olympic games. The occasion of top-class luxury hotel in a prestigious neighborhood attracted the rich and famous, and the glamorous night was an experience straight from a dream.

First night was a formal dinner for journalists and guests, hosted by Bulgari. The main event, on the second night, “Save the Children” dinner was in line with Bulgari’s tradition of philanthropic efforts and attended by many celebrities. I couldn’t help being a bit star-struck in such a star-studded gala!

The hotel with a hint of an Italian flare, was of course best of its class, and I was astonished at the sheer richness of the material. But this hotel was not about rubbing luxury in your face, instead you felt the Bulgari’s tasteful modern elegance.

2012/05/13 | TRAVEL to HOTELS

春満喫の温泉へ

縁あって何度も訪れている長野県松本市扉温泉の「明神館」でこの週末を過ごした。

宿を包む春爛漫の山にはちょうど山桜が咲き誇り、目映いほどの新緑といっしょの感動的な景色が展開されていた。ゴールデンウィークはとっくに終わっているのに、この「明神館」は、満室。人気の秘訣は言うまでもなく、環境、サービス、手を抜かない食事。そしてもちろん、良質の温泉も。

でも顧客達にはそれらは、お気に入りの旅館だから当然のこと。顧客にとって、クオリティが下がることにはとても敏感なのだ。

それでも季節に限らず、いつでも賑わっている理由は? そう、いつも何かしら新しい感動があること。「進化する旅館」でありながら伝統も守る、進化しながらもクオリティが変わらない。これぞ信頼感!
 

Spring Time in a Hot Spring

I spent the weekend at the Tobira Hot Springs “Myojinkan” in Matsumoto, Nagano, a place I have a tie to and returned periodically.

The mountain cherry blossoms in full bloom and the bright new green of the spring were caping the inn with a gorgeous backdrop. Although the long weekend of “Golden week” has already passed, “Myojinkan” was fully booked. Needless to say, the secrets to success of this Ryokan are its setting, service, well-crafted meals, and the quality of hot spring.

But these are criteria patrons look for in any Ryokan (inn). The reason this Ryokan never have a low-season is because it always provides a new experience with each stay. Patrons are sensitive to even the slightest slip in the quality of the stay. An innovative Ryokan with long standing traditions, progressing without compromising the quality. Now, this is reliability!

2012/05/04 | TRAVEL to HOTELS

沖縄

photo by Hotel

沖縄に旅をすると、誰でもやっぱりビーチリゾートに滞在したいでしょう?
それは当然ですよね、海はキレイですから。でも、那覇空港から車で20~30分くらい走った丘の上には、案外見逃されている実力派ホテルがあるのですよ…。

一見すると何でもない団体ホテル(失礼)や、「ああ、ホテルだ!」くらいの印象、確かに団体客も居ます。スタイリッシュでもないし、最高級リゾートでもないけれど、なんの、どっこい、ホテルとしては実力派!

リーズナブルで、穏やかで、スペースがあって、ロケーション抜群のホテルは、ビーチこそ近くはないけれど、お気に入りです。食事も、安心安全、美味しい。私はすでに4度も滞在しているし、この4月にもゆっくり2泊して、元気になって帰ってきました。

何を隠そう、ここは環境型ホテルで知られ、エコホテル、スパホテル・・・と、今をときめく形容詞ならなんでも当てはまる、知る人ぞ知る「美と健康」を求めるホテルなんです。名前は「EM ウェルネスリゾート コスタ・ヴィスタ沖縄・ホテル&スパ」といいます。

EMに関してはアンチテーゼもあるけれど、支持者は世界中に広まり驚くばかり。

EM技術のお陰で環境賞を受賞した海外のリゾートもあります。
実は、東京日本橋の下を流れる川には鮭が戻っているとか(ホント?)、その浄化作戦も、大阪淀川の浄化にもEM技術が活躍していると聞いて、これまた驚き。世の中知らないことだらけだわ~。

ホテルだってまだまだ知らないことだらけ、だから面白い。
私のホテルへの旅は、まだしばらく止められそうにありません。
 

Okinawa

If you are visiting Okinawa, wouldn’t you want to stay at a beach resort?

It seems like an obvious choice with the beautiful beach. But twenty to thirty minute drive from the Naha Airport, there’s a very well-rounded hotel quietly perched on top of a hill.

At a glance, you might dismiss this hotel as an ordinary hotel catering to tour groups It’s not stylish nor is it a top-class resort, and, yes,

tour groups stop there, and but don’t let that fool you because this hotel has everything you need!

Although it’s not close to the beach, this hotel is reasonably priced, peaceful, spacious, in a great location and one of my favorites. The food is delicious, prepared with fine fresh and safe ingredients. I’ve already visited there four times, most recently in April, and rejuvenated there with two nights stay.

If words like Eco Hotel or Spa Hotel are in your rader, you may know that this is an environmental hotel dedicated to “Beauty and Health.” The name of this hotel is “EM Wellness Resort Costa Vista Okinawa Hotel and Spa“. EM has its share of antithesis, but astonishingly, it’s gaining support around the globe.

In other countries, there are resorts that have won environmental awards through the use of EM technologies.

I was amazed to hear that EM technology was used to clean up rivers like Yodogawa in Osaka. and that even salmons are returning to the river running under Nihonbashi, in the center of Tokyo. There are so many things I don’t know, even on hotels, and that’s what makes me keep traveling. My hotel journeys will continue for a while.

2012/04/18 | TRAVEL to HOTELS

‘ピッカピッカの健康足’誕生は、夢じゃない!

photo by The Landmark Mandarin Oriental

4月初旬のこと、週末の金、土、日を利用した香港の旅に誘われた。
目的は、「ザ・ランドマーク マンダリン オリエンタル香港」に
新たにオープンした「バスチアン・ゴンザレス、
ペディキュア・サロン」を体験し、メディアにフォーカスするのが
ミッションの一つだった。
私は以前にモルディブの「One & Only Reethi Rah」リゾートで
体験済みで、ペディキュアへの意識がすっかり変わるほど
感動的だったのを思い浮かべながら、いざ香港へ。

世界的にも話題の「バスチアン・ゴンザレス」の
ペディキュアとフット・トリートメントは、ポディアトリストである
バスチアンの免許皆伝を受けた弟子達が、世界で活躍し始め、
香港にも上陸したというわけ。
足病学を学び、フットケア理論を確立したバスチアンの
フット・トリートメントは、夢のような結果を生むことで知られ、
赤ちゃんのように柔らかな足、マニキュアも塗らずにナチュラルに
ピカピカと輝くツメ、タコも魚の目も、角質もない
健康的な足へと磨き上げてくれる。

小さなトリートメントルームでは、フランス人の
若い男性ポディアトリストに両足を預けること1時間。
最初は気恥ずかしいし、緊張もするけれど、
楽しい話にあっと言う間の1時間が過ぎ・・・、
凄い、ピッカピッカでツルツルの足と爪が誕生。

足は健康のバロメーター、
このためだけに香港に通っても・・・いいなぁ。

 
‘A Dream Come True, Sparkling Healthy Feet’

In early April, I was asked to join on a weekend trip to Hong Kong.

One of the purposes of this trip was to write on The Bastien Gonzalez Chiropody & Pedicure Center, now open in The Landmark Mandarin Oriental Hong Kong. I had a pedicure that set a whole new standard by this salon at the One and Only Resort in the Maldives, so with high hopes, I set off for Hong Kong.

Bastien Gonzalez, a podiatrist, is gaining an international recognition for his pedicures and foot treatments, and his pupils who masterd his artistry are now opening salons around the world, including Hong Kong.

Bastien’s podiatry based foot treatment philosophy is known to take hard callus covered feet and turn them to healthy baby soft feet, with nails sparkling even without nail polish.

An hour in a small treatment room with my feet in the hands of a young French male podiatrist. The shyness and stiffness wore off, and was replaced with sparkling smooth feet and toe nails.

The feet is the barometer to one’s health.

Perhaps I can come to Hong Kong just for this…

>